1日に必要な栄養素の計算について

 

必要栄養素・食事摂取量の基準の計算方法と表について

栄養成分
(1個あたり)
充足率 1日の食事摂取基準
エネルギー 188kcal 9.4% 2000kacl
タンパク質 3.6g 7.2% 50g
脂質 11.6g 20.9% 55.5g
炭水化物 18.0g 6.3% 287.5g
(一般基準)
食塩相当量 0.2g 2.8% 7g
糖質 15.6g 12% 130g
(糖質制限基準量)
食物繊維 2.4g 13.3% 18g

当サイトでは厚生労働省:日本人の食事摂取基準(2015 年版)糖質制限食の定義 – よしまさ内科クリニックの情報を基に1日の食事摂取基準を計算しております。

※印の栄養成分の計算方法につきましては1日に必要な栄養成分についてをご覧ください。

1日の食事摂取基準量の計算方法

 

【※1:脂質の摂取基準について・計算例】

2000kcal×25%=500kcal÷9kcal
=55.5g

30~49歳の女性の炭水化物摂取基準量は1日の総カロリーの20~30%が基準とされており、

当サイトでは中央値となる25%を2000kcalに掛けて1日の摂取基準として計算し、脂質1gあたり9kcalで割って炭水化物量を求めました

【※2:炭水化物の摂取基準について】

2000kcal×57.5%=1150kcal÷4kcal
=287.5g

30~49歳の女性の炭水化物摂取基準量は1日の総カロリーの50~65%が基準とされており、

当サイトでは中央値となる57.5%を2000kcalに掛けて1日の摂取基準として計算し、炭水化物1gあたり4kcalで割って炭水化物量を求めました

参考文献:厚生労働省:日本人の食事摂取基準(2015 年版)

[/aside]

糖質制限のための表示・表の見方について

栄養成分
(1個あたり)
充足率 1日の食事摂取基準
エネルギー 188kcal 9.4% 2000kacl
タンパク質 3.6g 7.2% 50g
脂質 11.6g 20.9% 55.5g
炭水化物 18.0g 6.3% 287.5g
(一般基準)
食塩相当量 0.2g 2.8% 7g
糖質 15.6g 12% 130g
(糖質制限基準量)
食物繊維 2.4g 13.3% 18g

 

厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2015 年版)の糖質摂取量は一般的な日本人に対する推奨量であり、

糖質制限の推奨量とは基準が異なります。

そのため、当サイトでは糖質制限の方を対象とした案内を行う記事の場合、

糖質の推奨量を水色で表示し、一般的な日本人の推奨量と区別を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です