【nosh-ナッシュ】解凍方法|弁当・スープ・リゾット・スイーツ品目別に解説

【一覧表あり】ヘルシー(低糖質・高たんぱく質・低塩分)な食事を厳選した宅食サービス「nosh – ナッシュ」の種類別解凍方法【保存版】

nosh(ナッシュ)に電話で問い合わせる・実際に試した上で分かった、

メイン・リゾット・スープ・デザート・スムージー品目別に適した解凍方法をまとめました。

nosh – ナッシュの宅食|解凍方法早見表

レンジ 自然解凍 冷蔵庫内解凍 流水解凍
プレート
(弁当)
スープ
リゾット
デザート ×
スムージー ×

 

【アイコンの説明】

◎:nosh-ナッシュ推奨の方法

〇:当サイトおすすめの方法

△:nosh-ナッシュ・当サイト共に推奨しない方法

×:品質や風味を致命的に損なう恐れのある方法

 

nosh(ナッシュ)種類別解凍方法

nosh(ナッシュ)の解凍方法は簡単で基本的には、

  1. 電子レンジでチン
  2. 冷蔵庫内または室温で自然解凍

のどちらかで、

料理のパッケージ毎に記載されている方法に従っていればOKですが、

記載されていない商品もあるのでサービスセンターに聞いた解凍方法をまとめました。

メインプレート(弁当タイプ)|レンジ500w・600wで6~7分

弁当容器に入ったメインプレートの加熱時間は、

  1. 500W:6分30秒~7分
  2. 600W:6分~6分30秒

とされており、

1つ1つのパッケージに大きく加熱時間に関する記載がされているので、

電子レンジの使用方法が分かる方なら誰でも簡単に調理する事ができます。

袋から取り出して加熱する

【写真】メインプレートは袋から完全に取り出して加熱を行います

以前は、加熱前には袋の端を少しだけ切っておいて袋に入れたまま加熱する事が推奨されていましたが、

最近、「袋に入れたままだと発生した水分で電子レンジが汚れる」という理由から、

加熱の方法が変更になり袋から取り出して加熱を行う事になりました。

nosh(ナッシュ)回答|メインプレートの自然解凍は推奨されていない

スーパーで販売されている一部の弁当用の冷凍食品は自然解凍で食べられるものもありますが、

nosh(ナッシュ)の宅配弁当の場合は電子レンジで加熱を行わない「自然解凍」での調理は推奨されていません。

試食して分かった事ですが、

冷めた料理よりも温かい料理の方が格段に味が良く、スープ系や温かい状態で食べる料理の場合だとその傾向が顕著です。

会社に持って行く場合|冷凍のまま持って行き会社で加熱

宅食サービスnosh(ナッシュ)加熱なしで弁当を食べる事を推奨しておらず、

会社や学校に持って行く場合は会社の電子レンジで加熱してから食べる事になります。

nosh(ナッシュ)を注文すると、メインプレート(弁当)専用の保冷バッグが付属されており、

  1. 冷凍状態の弁当を保冷バッグに入れて
  2. 昼ごはんの時間に電子レンジで加熱する

というスタイルで調理します。

スープ・リゾット|500~700Wで2分30秒~4分

スープやリゾットの加熱方法は少々複雑で、

  • 500~700Wで2分30秒~4分温める
  • 2~3分後に一度取り出して混ぜる
  • 様子を見て30~60秒温める

という方法で加熱します。

加熱時間の早見表
500W
3分30秒~4分
3分温めて1度取り出して混ぜる
様子を見ながら30~60秒加熱
600W
3分~4分
2分30秒温めて1度取り出して混ぜる
様子を見ながら30~60秒加熱
700W
2分30秒~3分
2分温めて1度取り出して混ぜる
様子を見ながら30~60秒加熱

2~3分後に一度取り出して混ぜる

水分量の多いリゾットやスープメニューは、溶けている部分・冷たい部分・熱い部分と加熱ムラができるので、

2~3分後に取り出してスプーンなどでかき混ぜて下さい。

様子を見て30~60秒あたためる

かき混ぜて温度ムラを均等にしたら、30~60秒温めて適切な温度にして召し上がって下さい。

nosh回答|スープ・リゾットの自然解凍も適さない

nosh(ナッシュ)に電話で問い合わせると、「スープ・リゾット共に自然解凍は推奨していない」との回答を頂きました。

そもそも、スープ(冷製を除く)やリゾットという料理は「温めて食べる料理」であり、冷たいまま食べてもあまり美味しくありません。

もし、冷たい状態で食べる場合でも、

スープやリゾットは水分量が多くて解凍に何時間もかかってしまうため、

自然解凍するメリットは皆無に等しいと言っても過言ではないので、結局は電子レンジを使ってしまう事になります。

デザート(お菓子系)|自然又は冷蔵庫内で解凍

nosh(ナッシュ)はお菓子系のデザートは自然解凍又は冷蔵庫内での解凍を推奨しています。

解凍の方法は簡単で、食べる数時間前に冷凍庫→冷蔵庫に移せば良いだけで、

溶けたら食べる事ができます。

庫内の場合4時間程度で完全に溶けきるので、

おやつに食べる場合は昼食を準備する前くらいに冷凍庫から冷蔵庫に出しておくと良いでしょう。

特にクリーム系は電子レンジでの解凍に適さない

「早く食べたい」という気持ちは良く分かりますが、電子レンジで解凍するのはちょっと待って下さい。

加熱にも適したドーナツの場合はまだ良いのですが、

クリーム入ったお菓子の場合は電子レンジでの解凍が難しく、

失敗すると

  • クリームが溶け出す
  • 生地がベチャベチャになる
  • 生地の食感が悪くなる
  • 生暖かいロールケーキを食べる羽目になる

という事態が発生し、せっかくのシェフの味が台無しになってしまいます。

デザート(スムージー)|自然・冷蔵庫内・水で解凍

nosh(ナッシュ)はスムージーを解凍する場合、自然・冷蔵庫内解凍を推奨しています。

流水解凍の場合だとこの2つの方法に比べると早く解凍できるのがメリットですが、

ナッシュは公式には推奨している方法ではありません。

冷蔵庫内解凍・自然解凍

冷蔵庫の設定にもよりますが5~6時間程度でフローズンドリンク状になり8時間程度で完全に溶けきります

スムージーは縦でも横でも置く事ができるので冷蔵庫内で邪魔になりにくく、ポケット・棚・卵置き場などどこでも解凍できます。

自然解凍の場合は結露により水滴が発生するので、水に濡れても問題が無い調理スペースや皿の上などの場所での解凍をお勧めします。

流水解凍

流水解凍の場合だと比較的短時間で解凍する事ができ、

夏場で気温の高い季節だとボール入った水にスムージーパックと浸けておくと1時間程度で解凍できました。

水温の低い冬場の場合は酵素やビタミンを破壊しない「ぬるま湯」に浸けると早く解凍する事ができます。

加熱に失敗すると生スムージーの良さを損ねるので電子レンジでの解凍に適さない

ペットボトルのお茶を凍らせた物を想像すると分かるように、飲み物の電子レンジでの解凍はとても難しいので適していません。

電子レンジで解凍すると、

  1. 外側は良い感じに溶けているのに内側は凍っている
  2. 加熱具合・温度にムラができた
  3. 加熱時間の加減が分からず沸騰してしまった

という事が起こり、

加熱によってビタミン・酵素の破壊が起こり酵素たっぷりの生スムージーがダメになってしまう可能性があります。

 

解凍に適した高級機種や電子レンジの扱いが得意な方なら良いかもしれませんが、

難易度が高すぎるので一般の方には電子レンジ解凍はお勧めできません。

まとめ

いかがでしたか?

当記事では、「糖質制限・健康食の宅配食材サービスnosh(ナッシュ)の解凍方法」をまとめました。

弁当・スープ・リゾット・デザート系とそれぞれ違った方法で解凍するので、

初めて買った時は迷うかもしれませんが基本的に簡単なので1度やれば誰でも簡単にできるようになります。

冷蔵庫に放置又はレンジでチンで健康でお洒落な食事を簡単に作る事ができるので是非試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です